新着情報

News

五百羅漢千灯会を開催します。
ミニコンサートも行われ、素敵な音楽と幻想的な灯りが羅漢さんを包みます。

日時 令和4年8月8日(月)18:30~20:30

ミニコンサートタイムスケジュール

    19:00 さるびあっ子(児童合唱団)

    19:20 加西オカリナサークル(オカリナ)

    19:40 篠笛奏者 岩城琢也

    20:00 サイサイアイランダース(ハワイアンバンド)

兵庫県加西市羅漢寺五百羅漢オフィシャルサイトがオープンしました。

五百羅漢の魅力を発信してまいりますので、是非ご覧ください。

五百羅漢について

About Gohyakurakan

兵庫県加西市の羅漢寺の境内に立ち並ぶ、様々な表情を持つ約500体の石仏群。
その数の多さから「五百羅漢」と呼ばれています。
いつ誰が作ったなどの詳細が長年不明とされていましたが、
平成27年に市の調査で、江戸時代初期に仏像が作られ、石仏は元々羅漢寺の南にある酒見寺にあり、
寺の再興に伴う寺内整備や信仰・供養のために造立されたと考えられています。
高室石とよばれる地元の凝灰岩が使われており、4世紀の間訴えるような眸を見せて黙々として何事も語ろうとしませんでした。

この石仏の謎は今、徐々に解明されつつあるのです。

兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢
兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢
兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢
兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢

もともと、石仏を造立することは、亡き先霊を弔う純粋な信仰心の表れであります。

17世紀初期に石像群が造られ、その時に釈迦三尊像と羅漢像が造られたと言われています。

兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢

彫技はたとえ稚拙たりとは言え、石仏500を造立するために、その込められた、哀しくも美しく澄んだ信仰心に思いを馳せる時、しんとひきしめられるほどの純粋さに感心せずにはいられません。

江戸初期の石仏約500体がほぼ原型を留めており、「誰かに似た像が」と古くから民間の信仰や伝承の対象になっています。趣深い石仏を風変りで珍しい石仏群に一度触れてみてください。

兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢

イベント

Event

羅漢寺ではイベント開催も行っております。

約1000本のろうそくに火を灯して先祖を供養する『千灯会』は
本尊・薬師如来の縁日であり、お盆の月でもある毎年8月8日に開催されます。
約500体の石仏の前にろうそくの火を灯し、幽玄の世界を演出します。

また、秋には紅葉のライトアップも行い、
秋の羅漢寺・五百羅漢を思う存分楽しんで頂けます。

各種SNS

イベントの詳細に関しては五百羅漢公式フェイスブック、インスタグラムをご確認ください。

羅漢寺について

About Rakanji

羅漢寺は播州薬師霊場第十一番札所です。
もともとは酒見寺塔頭の一寺であったと言われていますが、戦国時代の兵火に焼かれたあと、
北条御旅町にあった薬師堂を移したと伝えられます。
 境内には約500体の石仏が並び、通称五百羅漢と呼ばれているところから、
昭和十七年に寺名を羅漢寺とし、天台宗に復帰しました。
五百羅漢石仏は平成30年に兵庫県指定文化財に指定されています。

兵庫県加西市羅漢寺 五百羅漢
  • 所在地:兵庫県加西市北条町北条1293

  • 電話:0790-43-0580

  • 拝観時間:9:00~17:00

  • 拝観料:大人/200円 小人/100円
    (20名以上の団体の場合160円)

  • 駐車場:あり

アクセス

Access
公共交通機関でお越しの方

公共交通機関でお越しの方

鉄道:北条鉄道「北条町駅」下車後徒歩15分
バス:高速バス「北条」バス停下車後徒歩10分

車でお越しの方

車でお越しの方

中国自動車道加西ICより西へ約15分